エグゼクティブコーチング/WEB集客・経営コンサルティング@神奈川県東京都

オンリーワンなままでやってみる

2013.06.28

集客

オンリーワンを捨てない

これまでは小さな会社が大きな会社に勝つことは難しいものでした。

たとえば、神様が太鼓判を押すほど誠実な工務店でも、ビジネス上手な大手ハウスメーカーとは対等に戦うことすらできない…というようなケースです。

本音では「誠実さ」を探しているお客さんでさえ、大宣伝にまけて大手ハウスメーカーを選んでしまうことがあると思います。

どうしてそんな残念なことが 起こるかと言えば、これまでの普通の広告宣伝では、お客さんに「誠実さ」を伝えることが難しかったからです。

その結果、「お客さん想い」が本来の個性であった誠実な工務店が、耳触りのいいキャッチコピーと引き換えに、個性そのものを失っていってしまうことは、よくあることだと思います。

マーケティング上手な彼らの真似をするということは、オンリーワンの価値を捨て、競争に身を落とす…ということを意味しています。

オンリーワンであればもっとうまくいったかもしれないのに・・・もう「世界に一つだけの花」ではなくなってしまうのです。

末永く安定して繁栄するための手法である自己表現マーケティングでは、「世界に一つだけの花」である誰もが元々もっている個性を大切にします。

センチメンタルな気分になって言っているわけではなく、私はその方が生き残れる確率が格段に高いと本気で考えています。

ジャンルはどんどん細分化していく

これからビジネスのジャンルはどんどん細分化していきます。

同じ商品、同じ地域、同じサービスでも、顧客の嗜好の多様化によって、各社やり方が微妙に異なっていきます。

そうすると1個のパイはどんどん小さくなっていきます。

それは小さな会社にとっては悪いことではないと思います。

私たち小さな会社には、広いエリアでマニアックにマーケティングしたり、関連する複数のニッチな分野に参入したり、思い切り個性を出してやってみる…というような動きが可能だからです。

分野によっては、大きな会社であることがマイナスになることもあり得ると思います。

オンリーワンが有利になっていく時代

世の中の全てのお客さんが、大きな会社のサービスが好きなわけではありません。

少なくとも私は違うし、私の周りの多くの人もそうです。

そういう人たちは、自分に合うモノやサービスをなんとか見つけ出そうと、日々探し回っています。

そんな中、自己表現を核としたマーケティングにはとても夢があります。

今実際に利益を上げている中小企業の多くは、大手とは違ったやり方で上記のような客層とつながることに成功しています。

世の中がグローバル化して画一的になればなるほど、逆に中小企業が個性で生きていくことが容易になっていくというのは、とても興味深い現象だと思います。

ちょっと前までは、誠実さという武器で集客するためには、奥さまの口コミを期待するくらいしか方法がありませんでした。

でも今はインターネットのおかげで表現方法が格段に増え、誠実さや個性も武器になりうるのです。

 

 

関連記事

アーカイブ