エグゼクティブコーチング/WEB集客・経営コンサルティング@神奈川県東京都

コンテンツSEOとは?~検索上位表示への7つのステップ

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、狙うキーワードで記事を書き、上位表示させることによってアクセスを集めるSEO対策の手法です。「目標とするアクセス数を得るために、どんなキーワードを使うべきか」というところからスタートします。アクセス数が見込める検索数が多いキーワードで書くことと、読者がいいね!をしたりブックマークをしたくなる記事を書くことがポイントとなります。

コンテンツSEOの7つの手順

キーワードをリストアップする

キッチン リフォーム
コンテンツSEOを始める準備として、これから使うべきキーワードを調査します。そして自分の事業に関連性が高く、検索ボリュームの大きいキーワードをリストアップします。

キーワードの調査には下記のツールを使います。このツールを使って、考えられるキーワードをすべてを調べます。

≫ Google AdWords キーワード プランナー

キーワードをベースにしたサイト構造に再設計する

コンテンツSEOとは、キーワードごとに書く記事がGoogleで上位表示することによってアクセスを集める技術です。そのためにまず必要となるのは、Googleと相性のよいページを作ることができるプラットフォームである「ワードプレス」です。

ワードプレスはGoogleと相性が良く、コンテンツSEOにかかる作業を楽にしてくれます。ワードプレスの特徴は、最初からSEOに適した構造になっていることです。トップページ、固定ページ、カテゴリーページ、記事ページの4種類を、それぞれ狙うキーワードに合わせてプランします。

コンテンツを作る

コンテンツを作る目的は、そのコンテンツで狙うキーワードにおいての上位表示を実現することです。そのためには、人の役に立つコンテンツを作り、SNSで拡散される必要があります。

ここで書く記事の目的は受注することではないので、売り込みになってはだめです。売り込もうとする記事はSNSでシェアされにくくなってしまいます。

【もっと詳しく】≫ 初めてのコンテンツSEO~記事作成の手順

コンテンツにSEO内部対策を施す

コンテンツSEOで一番大事なのは、ユーザーに有益なコンテンツを生み出すことです。そして生み出すコンテンツをGoogleに理解されやすようなページにするために、コンテンツを作る際にSEOの内部対策という作業が必要です。

ワードプレスで公開しSNSへ公開情報を流す

コンテンツSEOとは、SNSでの拡散作業とセットで考えます。SNSは、FacebookやTwitterを利用します。記事を公開したら、そのURLをFacebookやTwitterに投稿します。

fbposting
(Facebook)

tweet
(Twitter)

SNSでまだオーディエンスがいない場合は、広告を使う

SNSでファンやフォロワーがいない場合は、まずは広告を使って増やしましょう。

3~5を繰り返す

ここから先はできるだけたくさんのコンテンツを生み出すことがポイントとなります。コンテンツのクオリティが高いことは必須ですが、ページが多いほどアクセス数は安定していきます。

たとえばもしSEO対策による自然アクセスが1日500UUあれば、それはPPC広告に換算すると、少なく見積もっても1日に5万円以上広告価値を生み出していることになります。

 

 

関連記事

アーカイブ