WEB集客/経営コンサルティング、経営者向けコーチング

できるだけ短期間で必要なノウハウを手に入れるには

2012.12.01

Pocket

スピードの速いインターネットの世界において、機会の損失はできるだけ避けたいものです。「もしあの時始めていたら…」というのが、目には見えないけれどもおそらく一番大きな損失だからです。

今でこそパソコンオタクな私ですが、ウェブ集客を始めようと決めた2004年当時はパソコンにさわったこともありませんでした。そんな私がウェブ集客をスタートさせるためには、まず基本的なパソコン技術を習得する必要がありました。「そのためにはまずセミナー受講?」と思いましたが、「大勢で一度に受講するようなセミナーでは時間がかかり過ぎる」とも思いました。そこで異業種交流会の仲間でパソコンが得意だった人に、講習をお願いすることにしました。

まず習ったのは、超基本的なワードやエクセルの使い方からです。そんなことを頼まれたこともなかったその人は、私が1回2万円を払うことに驚いていました。私としてみれば、知識に対する敬意という意味もありましたが、当時は昼夜を問わず現場を駆けずり回っていたので「同じ事を独学で学べばそれでは済まないはずだ」という思いでした。この講習は私がパソコンをマスターするまで、分野ごとに違う先生を見つけながらしばらく続きました。(結果的に私がマニアになってしまいました…)

そういえば、ウェブマーケティングコンサルタントなんてまだほとんどいなかったころ、私にコンサルタントとしての初めての仕事を依頼してくれた社長の会社は、社員数なんと…1名でした。私を入れても合計3名です。たった3人で「あーでもないこーでもない」と議論をした日々は、とてもエキサイティングでした。(熱い飲み会もエキサイティングでした)機会の損失が~みたいな主張をもっている私も、さすがにその社長から依頼を受けたときは先方の採算面が心配で、少し躊躇してしまいました。でもその社長には確信があったようで、今ではウェブマーケティングを軌道に乗せただけでなく、所属する同業者団体からアドバイスを求められるほど、業界の最先端を走っています。

 

 

photo credit: Sailing via photopin (license)

Pocket

関連記事

カテゴリー

アーカイブ